採用情報

recruitment

INTERVIEW

バラ園事業部(ショップ担当)

坂野 優香さん

2016.4月入社

お客様の「ありがとう」が一番の喜びです。

ー坂野さんは今(※2017年7月現在)入社2年目ということですが、山陽放送サービスに入社したきっかけを教えていただけますか?

坂野:私は高校を卒業して2016年4月から、新卒で入社したのですが、高校は園芸科のある学校で、花に関することを学んでいました。就職に関しても、植物が大好きなので携われる仕事に就きたいと思っていたところ、学校の先生からRSKバラ園を紹介してもらいました。実際に見学もさせてもらって、植物が好きなお客さんと直接関わる仕事ができると思い、試験を受けて今に至ります。            

ー現在はどのような業務を担当されているんですか?

坂野:主にショップで売る花の管理や仕入れ・バラ苗の販売等を担当しています。色々な経験を積む必要があるので、夏と冬には先輩や上司に教えてもらいながらですが、園内のバラ剪定をすることもあります。 また月に一度、バラ園のPRでRSKラジオの生放送にも出演させてもらっています。

ー今、坂野さんが仕事をしていてやりがいを感じるのはどんなときですか?

坂野:私はショップにいる時間が長いので、お客さんと接することも多いのですが、花の育て方をアドバイスをさせていただき『ありがとう』と言ってもらえた時、喜んでもらえたときは本当にうれしいです。その反面、お力になれるように知識を蓄えるのは大変で、まだまだ勉強中という感じですね。

ー植物がお好きな方は、当然お客様自身も植物にお詳しいですもんね。まだ慣れないことも多いと思いますが、日々心がけていることはありますか?

坂野:覚えなくてはいけないこと、できるようにならなければならないことが多く、自分自身悩んだりすることもありますが、周りの方に助けてもらいながら毎日過ごしています。だからこそ早く一人前になれるように頑張りたいと思っています。

ーお話しを聞いていると、坂野さんは仕事に対してすごく純粋ですね。ぜひその気持ちを忘れずに成長してほしいです!

坂野:そうですか?頑張ります!

ー坂野さんの1日のスケジュールはどんな感じですか?

坂野:大まかですが、
9:00  出社 ~ お店の掃除
9:30  開店
~接客・水やり・花の手入れ・値付け・事務作業~
17:00 閉店
17:30 退社
こんな感じです。事務仕事で残業することもありますが、何もなければ17:30には退社できています。

ー職場の雰囲気はどんな感じですか?

坂野:知識・経験が豊富な方が多く、家族感がある職場です。上司や先輩に何でも相談できる環境で、本当に周りの皆さんに助けていただいて頑張れていると思います。

ー坂野さんが一生懸命だから、周りの人たちも助けてくれるんでしょうね。休日はどんな間隔ですか?

坂野:バラのシーズン中は週休1日のシフトで、その期間以外は週休2日お休みをもらっています。

ー休日は何をして過ごしているんですか?

坂野:特に何もしてない気がするんですが・・・休みの日はスイッチがOFFになる感じなので、家でのんびり過ごしています。あっ、でも友達とドライブに行ったりはします!高校の園芸科時代の友達とお互いの近況を話したりしています。

ーバラ園でこんなことをやってみたい、こうなれば良いのに、と思うことがあれば聞かせてください。

坂野:うーん・・まだ目の前のことを日々覚えていくのが精いっぱいですね・・すみません。

ーいえいえ、そうですよね。それが普通だと思います(笑)

学生時代にムダなように思えたことも、今は知らないよりも知っている方が良いと感じています。

ー入社前と現在で、仕事や会社に対して印象が変わったことはありますか?

坂野:私たちは市場の競りに参加することもあるのですが、これは学校で教わってきた勉強とは全く違うので、最初は驚きました。
まず雰囲気が独特ですし、指の動きで金額を提示したり、色々なルールがあります。ただ競り落とせば言いというわけではなく、時期によって花の値段が変わるので見極めが必要ですし、生産者によって花の出来栄えが違ったりもするので、その辺りも判断しながら、お客様が買ってくれるものを購入しなければいけません。
ようやく少しは慣れてきましたが、まだ1人ではこなせないので、いつも上司と同行しています。上司は経験もあって知識も深いので、あんな風になれたら競りも楽しいだろうなと思います。また、長年やっていても良い物を安く買えた時は嬉しそうにしている姿を見ると、私もそういう気持ちを忘れないように成長したいなと思います。

ー上司や先輩ともすごく良い関係が築けているみたいで何よりですね。では最後にバラ園やこの業界に就職したいと考えている方に、何かメッセージやアドバイスをお願いします。

坂野:私は学生時代に、花に触れて花のことを勉強してきたので、何も知らない人に比べると少しは知識があるつもりでしたが、実際に仕事として経験しないと理解できないことがたくさんあるので、今も毎日が勉強だと思っています。
そんな中で、学生時代に勉強していて何気なく通り過ぎていたことも実際仕事でその知識を使う必要に迫られたときに、一度勉強していることであればスッと入ってくるな、と感じます。だから、そのときは何の役に立つのかわからないような勉強も後々役に立つことは多いです。知らないより、知ってる方が良いと思います!

ーありがとうございます。ほんと、このまま真っ直ぐ成長してください!

坂野:ありがとうございました。頑張ります!笑